メリット盛りだくさんの再チャレンジ!

メリット①採用が決まった方には、嬉しい入社祝い金もあり。      
メリット②就活のアドバイスが無料。履歴書・職務経歴書の書き方から 業種別、面接時の傾向と対策。      
メリット③就活中の滞在費(宿泊費)が無料!シェアハウス即入居可     
 *地方の方も安心して東京で就活できます。
東京にはチャンスがそこら中に転がっています。しかし、なかなか見つけられなかったり、気がつかなかったりもします。一人で探すより、私たちと一緒に探しませんか? 大丈夫きっと見つかります。求人ドット東京

 

一握りの人を除いて、人は誰しも1度や2度は挫折します。現状に甘んじてくすぶっていたり、うまく行かなくて自信をなくしてしまったり。 生活の為、食べていく為、お金の為だけに働いている。 そして、ふと気がつけば転職が転落の始まりだった。それは良くある話です。 そうならないためには、誰かのアドバイスや誰かのサポートが必要です。 裕福な家庭で育ったのならば、親に頼るのが一番手っ取り早い方法ですが 親には頼れない、親には頼りたくない。自分の力で何とかしたい。 そう思うのであれば、是非一度、求人ドット東京にご相談ください。

 

出来ない理由は沢山あります。 お金がない、資格がない、経験がない、人脈やコネがない。数え上げたらきりがありませんが、一番の出来ない理由は「勇気がない」ではないでしょうか? リスクばかり考えて不安な気持ちになり諦めてしまう。その悪循環を断ち切って、私たちと出来る方法をさがしてみませんか?

 

資格がない、経験がない・・・・そんな悩みは、意気込みや熱意でカバーできる事だってあります。 学歴のコンプレックスも同じです。 自分にないものを補う方法。それも一緒に考えてみませんか?

 

充分な資金がない。この悩みが一番多いと思いますが、エントリーはメールのやりとりだけで可能です。一流企業に入社希望の方でも、書類選考までは来社不要で、書類選考が通ってから来社すれば良いのです。書類選考がとおるかどうか?チャレンジしてみるのも良いでしょう。書類選考が通れば面接の日程を双方の都合に合わせて調整できます。在職中の方でも有給などを使って面接日の調整が可能です。 面接の為上京し、採否が決定するまではシェアハウスに滞在できますから食費程度の出費ですみます。

 

部屋を借りる資金が不十分、または良い部屋が見つからない 最長3ヶ月、求人ドット東京のシェアハウスから通勤することも可能です。その間に部屋を探す事にすれば、寮がない会社に就職することも可能です。 給与までの生活費が心細い。 1時面接から採用までの期間。短期のアルバイトも紹介できますので、採用通知が届くまで短期アルバイトでお金を増やすこともできます。採用が決まれば入社祝い金もあるので、ある程度なら生活費のサポートも可能です。

 

今が絶好の転職チャンスです。空前の人手不足。現在は高い有効求人倍率が続いています。その傾向はおそらく東京オリンピックが行われる2020年までは続きます。今なら仕事や会社を選ぶことが出来ますし、ワンランク上の会社に就職することも可能です。しかし、まごまごしているとどうなるか?好景気といわれていますが、オリンピックが終わればどうなるか?消費税が増税されたらどうなる?外国人の労働者も増えてくる、AIによってなくなる仕事もあるでしょう。格差もジワジワと広がっている気がします。近い将来「なかなか仕事に就けない」時代がやってくるのでは?そんな気がします。勿論、現在頑張って働いている方は仕事を変える必要はありません。しかし、不満を抱え嫌々勤めている方や、非正規の仕事に就いている方に関しては今が絶好の転職機会だと思います。ワンランク上の転職にチャレンジする価値はあると思います。応募の秘密は厳守しますので、在職中の方でも気軽にエントリーしてください

 

 

 

入社祝い金については、通常5万円程度とお考えください。 高学歴や、経験者、有資格者、責任者などの求人にかんしては10万円程度 国家試験や特殊な資格などがあれば30万円の求人もあります。 (紹介先の規定によります)

 

 非公開の求人案件が1328件(10月末時点)あります。
なぜ?非公開なのか?なぜ?大企業が職業紹介を使うのか?

最近は非公開の求人が増えています。では何故非公開なのか?簡単に説明します。 1,10名程度を採用するために莫大な数のメールや電話対応に追われることになる。 2,年齢制限禁止などの問題で、選考外の応募が多すぎる。

その2点です。

一般的な求人サイト、求人雑誌などに広告を出すと、一括メール応募などで複数の会社に同時で応募する方や、本気度の低いひやかしのような応募が数多く寄せられ、それらすべてに目を通し返信する作業はとても大変です。電話も同様でかなりの仕事量になり、そのほとんどが採用に至らない方です。 ですから、非公開の求人にして、自社にふさわしい人物、自社が欲しい人材に絞ってから面接を行う。そんな会社が増えてきています。 その反対で、立地条件などの関係で募集を出しても反響が少ない。そう言った企業も人材紹介の会社を利用します。例えばリゾート地の求人や、東京でも知名度の低い場所など。そういう求人には好条件を提示する企業が多く、転勤可能や希望勤務地にこだわりがない方にはお勧めの求人が数多くあります。

 

どんな仕事があるの?

求人ドット東京では、提携先の企業、グループとあわせて様々な業種・職種の求人を扱っています。即決可能な求人からキャリアアップ求人、幹部候補、管理職の求人まで様々です。希望に合った職業、会社をピックアップして応募された方に提示できます。(自社独占の求人・非公開求人も多数あり)

例)エンジニア系のお仕事。Webデザイナー・SE

  飲食業。(飲食店・ホール・調理・店長候補など)

  営業系 (ルート営業、法人営業、企画営業など)

  建築土木系  (施工管理・設計・測量技師・CAD)

  店舗スタッフ  (販売業・スーパーバイザー・新聞販売店など)

  一般事務  (一般事務・総務・コールセンターなど)

  その他 管理職、取締役などのヘッドハンティング

 


 それぞれのケース
非正規雇用で働いています。直接雇用に切り替えて社員にならないか?と言う話が来た先輩がいて、羨ましく思っていたのですが、実情はというと。社員は社員でも正社員ではなく契約社員でした。契約社員から正社員になるには、また一段ハードルがあがります。最終的に正社員になれるかどうか不安です。
自分では慣れた職場で長く働きたいのですが、先行き不透明で悩んでいます。


 宅建主任の資格があり、不動産管理会社で働いています。それなりのポストでそれなりの実績もあります。形式上は週休2日制ですがかなりの数の物件を管理し、部下が対応できない部分もサポートするのでほとんど休みも取れず、休んでも携帯電話が鳴らないことはありません。それなりの給与はいただいていますが、元々は物件売買の営業がメインの不動産会社なので、管理部門の地位や評価が低すぎるといつも思います。すぐに辞めるわけにはいきませんが、管理専門の会社への転職を考えています。

私はずっと
接客の仕事に携わって来ました。それなりの自信もあります。しかし、35歳を過ぎてからの転職で何社か書類選考で落とされ、とてもショックでした。

そんな時エントリーしたのが求人ドット東京です。カウンセリングを受けて分かったのですが、私が受けた会社の非公開の募集要項には年齢18歳~29歳くらいまでの方を希望。と書かれていました。その会社は教えてはくれませんでしたが、最初から年齢でダメだったんですね。なんだ、そういう事かとすこし気が楽になりました。そんな時、あるスタッフの方に「あなたは絶対営業に向いている」と声をかけられたのがきっかけで法人ルート営業の会社に紹介を受け、現在その会社で頑張っています。営業?と最初はとまどいましたが、今ではやり甲斐もあり天職だと思っています。接客よりも断然面白い。お客様を待っているより、こちらから行く方が私には向いてるみたいです。やりたい仕事と、向いている仕事は違う。自分が思っている自分と、客観的に見た自分はちょっと違う。新しい自分が発見でき成長したことを実感しています。

 

 

 
「大手企業の過酷な現状に嫌気が…」
業界大手に入り、ある程度の地位を築いてきたが、最近どうも体調が気になる。会社のために死ねるほど社畜根性はない。けれど今の生活は維持したい。サボるつもりは全くないが、もう少しゆっくり、しっかりと仕事に取り組みたい。

キャリアを積まれていて、お仕事に関して十分な経験がおありでも、在職されている企業が持つ仕事のスタイルに嫌気が差すという方は少なくありません。ヘトヘトになるまでこき使われ、妻や子供との時間が取れない。それでも住宅のローンなどもあるし、生活水準を落とすことも避けたい。現状を維持しながら、経験を活かした立場で迎えてくれる優良企業に転職し、少しゆっくりとした立場でしっかりとした結果を残したい。それはとても多くの方が想像するビジョンです。

同業種への転職が一般的な候補として上げられるかもしれません。ですが、深くお話をお聞きすることで、新たな可能性が見いだせることは多々あります。当社が誇る多数の企業リストから、じっくりと考査を繰り返し、最大限の成果を導き出してみませんか?


田舎にいてもつまらない。何のビジョンもなければ、何をすれば良いのかすら分からない。でも、都会の生活は楽しそう。都会で一人暮らしをしてみたい。
自分を変えたい。東京には何かあるような気がする。友達が沢山出来そう。休日に楽しいことが沢山ありそう。きっかけはそんな事でも構いません。あなたの良いところ、あなたが出来そうな事、あなたが生かせる所を一緒に考えて行きましょう。
 

求人ドット東京はとてもアットホームで肩の凝らない所です。仕事以外の話をしている時は冗談ばかり言って、ぬるーい感じ。事務所には和室もあって、一緒に食事をしたり、テレビを見たり。屋上からは新宿の夜景や東京タワーも見えます。実はそれには訳があって、わざわざそんな物件を探しました。これから夢を持って新しい生活をスタートする為に、それに相応しいロケーションを!と考えたからです。面白いエピソードが沢山あるのですが、ひとつ紹介すると、Yさんが面接を受ける飲食チェーンは、その会社の商品を面接前に必ず食べてくること。それが必須条件です。おそらく自社商品についての感想を求められるか?商品に対しての知識のテストがある?そう思って、その会社の宅配商品と、同業他社2社の宅配商品を同時に頼み、どこが一番に届けるか?どこのスタッフが一番素晴らしいか?どこが美味しいか?それぞれの特徴は?それぞれの価格帯、コスパ。サイドメニューについてなどを比較し、面接を受ける会社のどんな点が好きか?問題点や改善すべき点とか高度な質問をされたらどうする?その場合どんな言葉を選ぶ?ぶっちゃけた感想と、面接時の空気を読んだ感想。
そんな事を他社で面接を受けるMさんも一緒に計6名。ビール片手に食事をしながら楽しみながら考える。そんなイベント?がありました。本番の面接に生かして欲しいと思います。転職エージェント・キャリアカウンセラーなどと聞くと堅苦しいイメージがあるでしょうが、求人ドット東京はもっとくだけたイメージです。
また、就職が決まればそれで終わりではなく、むしろそこからが本当のスタートです。悩み事や困りごとも気軽に相談できる関係性を続けて行きたいと思っています。

↑画像の文章を「いずれは東京で起業したい」に変更
 
地元で起業した場合、自分の人脈を生かせる反面、先行する同業者がいたりすると田舎ならではの苦労があります。「うちは昔から○○さんのお世話になっているから」と人との繋がりを大事にする傾向が強いので営業面で苦労します。東京はそういったしがらみが少ないので実力通りの評価が得られますが、競争相手も多い。どっちもどっちです。しかし、「どうせやるなら東京で勝負してみたい」そう考える方は多いはず。そんな方も東京進出の足がありとして是非ご連絡ください。